So-net無料ブログ作成

新連載 [日記のような小説]

インターバルの時間にどんな話し合いが行れたのか知る由もないが、J2の選手の動きから想像は出来た。
激しいチェック、果敢な攻撃、厳しいマークが翠と香苗に付いた。
それは寄ってたかってと言うのが相応しかった。
だがそれは翠と香苗の運動能力の高さを証明することにもなった。
スライディングタックルも、激しい当りも彼女たちはしなやかに躱した。
そして、ディフェンダーを右に左に翻弄する姿はまるで蝶を追いかける子どもと蝶のようであった。
二人が左右にポジションを替えている間に出来た隙間にミゲルと明美が入る、紅葉台のパスの正確さには定評がある。
そのパスがミゲルに通った。
翠がゴールへ迫る。
ディフェンダーが翠を囲む。
ミゲルはドリブルで前へ。
香苗の前にもパスコースがない、だがミゲルは前線へパス。
そこへ駆け込んだのは明美だった。
迷わずシュート。
後半五分、紅葉台は追加点をあげた。
紅葉台にとっては予定の行動だがJ2にチームはど胆を抜かれた。
「どうなっているんだ?」
こんな疑問にイレブンが支配されプレーが乱れた。
紅葉台の攻撃パターンが掴めなくなった、フォワードに付けば、疎の隙を突かれて別のところから攻撃される、攻撃の起点が掴めないうちにJ2の選手はいたずらにピッチを走り回り、疲れ果てた。
二点のリードがあるから紅葉台は無理な攻撃をしない、点を取りに行かなければならないJ2が引いている。
だからといって紅葉台は無駄なパス回しで時間を稼ぐこともしない、隙あらば、の、その隙を狙っていた。
右ウイングの佐々木が果敢にドリブルで上がる、ミゲル、明美にパスを出す、誰もがそう思った瞬間、パスは菊池に出た。
左から上がっていたのだ。
菊池はそのままゴールに迫った。
明美、香苗、翠がアシストに入る、つまり、菊池のパスコースの確保の為、相手ディフェンダーを引きつける役を果たしたのだ。
菊池のゴールが決まった。
未知の怪獣のような咆哮を発しながら、猛然と駆け込んできた佐藤の腰払いで倒された菊池は手荒い祝福を受けた。
人間の山の中からわずかに覗いた菊池の顏をゴローが舐めている。
やっと、解放されて立ち上がった菊池の頭に突いた芝やユニホームの泥を翠が払っている。
公園でよく見かける光景がピッチのうえに現れた。
「翠ちゃんは親切だね」
「菊池君とは一緒に暮らしてるからだよ」
「えっ! 同棲してるの?」
「一緒にいるだけ」
「・・・・・・・」
「それにしても紅葉台は強いね」
「J2が弱過ぎるんじゃないか」
「両方かも」
「こうなると後は翠ちゃんのゴールを見るだけだね」
「明美さんのも観たい」
「僕はゴローと遊びたな」
スタンドでは他にいろいろな話しが交わされていただろうがどんな話かそれは分からない。
ピッチでは綺麗になった菊池が暖かい拍手と声援のなかを自分のポジションへ戻って行った。
翠が小さく手を振っている。
スタンドの期待は一部実現し、一部は実現しなかった。
J2の意地から必死の反撃にでた相手に紅葉台は明美のコーナーキックからミゲルがへディングを決め一点をあげて終了した。
紅葉台の都筑には手応えのある結果だったがJ2の東監督にはJ1昇格が遠のき、一からの出直をせざるを得なくなったがあとになって考えて見ればこれがJ2にとって良い結果を生むことになったのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。