So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

新連載 [日記のような小説]

「いいえ、翠ママ、私たちはナデシコに感謝しているんですよ」
「何故、あの子達に感謝なさるの、よろしかったらお話してくださらない」
聞いたのは聡子だった。
「聞いてくれますか、そうね、お姉ちゃんは弁護士さんだから私たちの話を聞いておくのも何かの参考になるわね」
「まだ研修生です」
「でも弁護士さんにおなりになるんでしょう」
「そのつもりです」
「それならおなじことよ、ねえ」
仲間の定子に同意を求めてから沙織は話し始めた。
「こんな生き方をしている私たちだけど感じることも、思うこともあるでしょう、東大を出た人も私たちも選挙権は一票でしょう」
「そのとおりよ」
「つまり、だいたいのところは平等ということよね、同じ人間だから」
「そうね」
「だから、女のくせに男の言葉をしゃべったり、変な言葉を作り出したり、勉強料理も出来ないくせに短いスカートをはいて、どこでもべたべた座って、仲間を虐めて、感謝の気持ちはなく、ウメーとか私そう言う人なの、なんて誰のことだかわからないことを言うし、カーテンかスカーフのような服を着て歩いてる、頭も軽いし、尻も軽い、そんなのを見ると腹が立つの」
「かなりの部分は私も同感」
「でしょう、でも、私たちオカマが言っても聴いてくれる人はいないわ、どうせオカマじゃないかと思っているから・・・
だけどナデシコが私たちのいいたいことを見せてくれているのよ、わかります、私の言うこと」
「わかります」
「この喜楽の周辺ではミニの女の子がいなくなったのよ」
定子が口を挟む。
こずえもうなずく。
「一般的にもだいぶ減ったみたいね」
「そうなのよ、お姉ちゃん、ナデシコは凄いわ」
「政府もそうだけどこの国は一度始めると止められないでしょう、誰がやってるっているってことなしに高校生はスカートを短くしているのよ」
「あのだらしない靴下はどこへ行ったのかしら」
携帯電話に何十万も払った人達は今何をしているの」
「そんなもやもやしたものをナデシコは吹き飛ばしてくれるの、ねえ、そうでしょう」
「そうよ、あの三人、香苗さん、明美さん、翠ちゃんは女の子らしくて、勇気があって、優しくて・・・礼儀正しい」
「だからナデシコの応援は言って見れば私たちの自己主張よね」
「それはいえる、やっぱり志織さんは大学を出ているから言うことが違うわ」
「やあねえ、中退ですよ」
「あなた達の声嗄れにはそんな意味があったの」
「勿論、ナデシコが好きだからですけどね」
「随分あの子達も社会的なのね」
聡子は感心したように朝永を見た。
「自覚してないところがいいね」
朝永はそう言った。
「翠はそうでしょうけど、あなた達は違うでしょう」
「誰のこと?」
「マー君のパパと苑長さんとあなた」
「酔ったみたいだね」
朝永はそう言って聡子の追求をかわした。
「でも機長さん、今度は大人が相手でしょう、なでしこ大丈夫かしら?」
「都築さんは無理をしない人だから」
「三年生になった紅葉台が何を見せてくれるか楽しみだわ、いまから想像するだけでぞくぞくする」
「ねえ、ねえ、ここで乾杯しましょうよ、いいでしょうママ、紅葉台の活躍を祝って、ねっ!」
志織がいうとあちこちから賛同の声が上がった。
「私たちもくわえてよ、志織ちゃん」
そんな声に拍手が起きた。
「それでは皆さん紅葉台サッカー部とナデシコの活躍を祈ってご唱和をお願いします」
グラスを持って立ち上がった志織の音頭で乾杯が繰り返された。


新連載 [日記のような小説]

「あら!」
迎えに出た「女の子」の驚きは叫び声に近かった。
同じトーンで奥に向って叫んだ。
「ママ!
翠ちゃんのパパとママよ、機長さんとお姉ちゃんもご一緒」
店の中の空気が微妙に動いた、その中をにこずえが小走りにやって来る。
「まあ、皆さまお揃いで、いらっしゃいませ」
と丁寧に頭を下げる。
「お世話になります」
恵里子が変な挨拶をした。
「こちらへどうぞ」
こずえが先に立って案内する。
店の中に顔見知りがいるのか朝永は時々客に会釈している。
こうして奥の席に着いた。
こずえが改めて挨拶をすると恵里子は楽しそうな好い雰囲気のお店ねと言った後に続けて、憲作さんはよく来るのですかと聞いた。
「ええ、よく來ます」
と朝永は答えた。
「これからは私も誘って」
「いいけど・・・」
「いいけど、何?」
「いや、別に、大抵は苑長と一緒だから」
「二人が良いわ」
「うん」
やはり聡子は恵里子の娘だった。
ママお酒で良いかしらと聞きながら朝永とメニューを覗いていた聡子が注文をする。
「翠ちゃん残念でしたね」
酒と料理を運んできた「女の子」が本人より残念そうに言った。
「この娘、翠ちゃんを応援しすぎて声が嗄れたんですよ」
「私だけじゃありません」
「まあ、それは有り難うございます」
恵里子が頭を下げる。
「いいえ、お礼を言うのはこちらなの、翠ママ、翠ちゃんや紅葉台の青少年の活躍を見てるとこちらがゲンキになるんですよ、声なんて嗄れてもかまわないのよ、歌手じゃないんですからね」
「そうよね、だけど翠ちゃんの得点を見たかったわ」
本当の女の子が話を引き継いだ。
「翠ちゃん何か言ってました、お姉ちゃん」
「お姉ちゃんは失礼ですよ」
「いいえ、いいんですよ、こずえさん、もうお姉ちゃんで通っているみたいだから」
「そのうち機長さんもお兄ちゃんと呼ばれるようになりますよ、ねっ!」
「あら、どうして?」
「お姉ちゃんがお嫁にいくのはちょっと寂しけど、お兄ちゃんが出来るのは嬉しいと翠ちゃんが言ってるから」
「あら、翠がそんなことを言ってるの?」
「これはマネージャーの久美さんからの情報です、こう見えても私たちは紅葉台ナデシコの熱烈サポーターなんですよ、この志織さんは喜楽ナデシコ会の副会長で〜す」
「まあ、ご苦労様です」
聞いていた恵里子が嬉しそうに礼を述べた、日本酒のせいで少し頬が赤らんでいる。


前の2件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。